Wi-Fiからlanケーブルに変更してみよう

ノートパソコンには最初から無線通信の機能が搭載されています。

今現在、お店で市販されている新製品なら、ほぼ確実にWi-Fiが搭載されており、メーカーや画面サイズやマシンスペックに関わらず、便利な無線通信が利用可能です。ケーブルが不要なのが利点であり、家庭や職場にワイヤレスルータが設置されていれば、購入後に設定をするだけです。Wi-Fiなら初期設定も簡単であり、ワイヤレスルータによってはワンタッチで自動的にセットアップをしてくれます。

一方でWi-Fiには気になる難点があるのも事実です。電波の質が安定しておらず、突然圏外になってしまったり、速度が極端に落ちるのが玉に傷です。スマートフォンやタブレット等、Wi-Fiしか実質的に選択肢がないのであれば我慢しなければなりません。一方でノートパソコンであれば、lanケーブルが利用可能です。薄型の新型の場合、lanケーブルを挿す端子が設置されていませんが、USBケーブルが挿せるスロットが一つでもあれば、そこに変換コネクタを挿す事で、lanケーブルが使えます。

lanケーブルに変更すれば、近くの家や職場で使われている電子機器の悪影響を受けません。周辺で使用者が多くなりますと電波の感度と速度が落ちるので、ほとんどパソコンを据え置きで利用している方は、無線からlanケーブルに変更した方がストレスフリーになるでしょう。ケーブルはネットショップや地元の電気屋さんで販売されており、コストパフォーマンスも高いので変更は容易です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *