工程の2Sには配線ダクトを使用する

どんなに工場を清掃しても、どことなくごちゃごちゃしている印象だったり、複雑な工程に見えてしまうことはありませんか?それは設備・器具の配線・アースがむき出しで散乱しているからです。

電気配線はたるんで床の這っていると、安全性にも問題があります。人が配線につまずいたり、踏むことによって断線したりしてしまいます。配線の周りには埃も溜まりやすいですよね。もし、お客様が来られてその現場を見られたら、管理ができていない会社だと思われてしまいます。

これは個人の自宅でも同じことで、散乱した配線は危険で火事の原因にもなります。そこで有効活用してほしいのが配線ダクトです。配線ダクトを使用して、何本も散乱した配線やアースを一つにまとめて、配電盤や電源から設備までまっすぐ引きます。これだけで、とてもスッキリした印象に生まれ変わります。後々の設備の移動やレイアウト変更もとても楽ですよ。人がつまずいて転ぶ危険も回避されますし、お客様からの評判も良くなり、取引も多くなるかもしれませんね。

配線ダクトは多くの種類があって、何本もの線を一本にまとめられるタイプや数本の配線に巻き付けることによってまとめるタイプもあります。配線はまっすぐと垂直が基本ですが、実はこの基本ができていない工場が多数あるのです。

天井の電気ダクトから配線ダクトで、まっすぐに設備に配線が下りているだけで、整頓された印象になり気持ちよく仕事ができるようになりますよ。品質と安全にはこのような細かいことまで配慮することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *